義仲館

長野県木曽町日義地区にある「木曽義仲」の顕彰施設です。リニューアルオープンは2021年7月4日! 義仲館の展示作品の背景にある「歴史」「伝承」「文学」をやさしい文章で紹介します。 収録伝承600以上。地図と共に掲載しています。

白山神社(岐阜県郡上市)

義仲が戦死した後、今井兼平の老臣・清水嘉藤治が逃れ来て庵を結んで主家の冥福を祈りつつ狩猟を業としていたという。ある日猟に出て深山に入ると熊の群れに遭遇し襲われそ…

八幡神社(岐阜県高山市)

義仲が1181(養和元)年日和田を通って飛騨国に来た時、乗鞍岳を直接仰ぎ見て乗鞍大神を祀る里宮を作ったという。 岐阜県高山市高根町阿多野郷字ミキリ309番地

八幡神社(岐阜県下呂市)

今井兼平の長男・貞信の末裔(今井次良左ェ門忠親)が元和6年に創建した神社。義仲亡き後、貞信は宮田村に来住したという。その後23代忠親が祖先兼平貞信の守神と崇むる…

白山神社(岐阜県高山市)

義仲の遺子と残党が1190~99年ごろ当地に来住して加賀国白山大神及び信濃国木曽御岳大神を勧請奉祀したという。 岐阜県高山市丹生川町北方1745番地

松森神社

義仲の家臣・手塚光盛が1191(養和元)年に飛騨攻めに来た時、三仏寺城の後ろの守護として建てられていたため攻略されたという。 岐阜県高山市上野町671番地

一位ノ森八幡神社(いちいのもり)

義仲が1181(養和元)年正月に飛騨国へ観察にきた際、源家の氏神八幡大神を勧請鎮祭し、愛用の鉾・太刀等を奉納したという。社宝に仏像四体その他多数があり、区内には…