義仲館

長野県木曽町日義地区にある「木曽義仲」の顕彰施設です。リニューアルオープンは2021年7月4日! 義仲館の展示作品の背景にある「歴史」「伝承」「文学」をやさしい文章で紹介します。 収録伝承600以上。地図と共に掲載しています。

義仲館

長野県木曽町日義地区にある「木曽義仲」の顕彰施設です。リニューアルオープンは2021年7月4日! 義仲館の展示作品の背景にある「歴史」「伝承」「文学」をやさしい文章で紹介します。 収録伝承600以上。地図と共に掲載しています。

マガジン

  • 外伝・義仲戦記

    義仲館オリジナルストーリー「義仲戦記」の外伝です。義仲の時系列では語り切れなかった周辺人物にスポットを当てたミニストーリーです。 2022年8月14日より、毎週日曜深夜に更新予定。

  • 義仲館noteについて

    義仲館noteのあらまし、使い方などが集まっているマガジンです。まずは「はじめに」をお読みいただき、全体像を知っていただくのをおすすめします。

  • その時 木曽殿の動きは

    義仲陣営がどのような歴史背景で挙兵に至り、最期を迎えたのか順番に読んでいくことでわかります。 2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の展開に合わせて、「その時 木曽殿はどうしていたのか?」を解説しました。

  • 義仲ものがたり

    大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の進度に合わせて公開していく、義仲館オリジナル義仲ストーリー。600か所以上に及ぶ伝承地をふまえた独自の展開をお楽しみください。 〇合戦を中心に語る「義仲戦記」…合戦ごと読めます。2022年5月19日完結 〇義仲にまつわる歴史上の人物を扱う「義仲戦記」番外編…8月14日連載開始予定 〇読み口が軽い「信濃源氏長瀬義員が見た木曽義仲」…連続物(再連載待機中) の三種類を用意しています。

  • 義仲戦記

    第1期(本編) 2022年3月27日より、毎日20:30に更新!5月19日に完結しました。 第2期(外伝) 2022年8月14日より週刊ペースで連載予定です。 源平盛衰記と玉葉をベースに義仲の戦をストーリー仕立てで紹介! 巴・今井兼平はもちろん、あなたのご近所の地名を冠した地方武士も登場するかも!? ※タイトルに年/月を入れていますが、歴史に詳しくない方のために、年は西暦年表示にしています。(月は和暦です。)

ウィジェット

記事一覧

源氏編3 志田義広②

「…!!!…」 「ほほほ…ほんとうだったとは…」 「…はあぁ…帯刀先生(たてわきせんじょう)ってすご…」 「都のよりぬきの…という…」 「…まじで顔採用…」 「あの…

義仲館
2週間前

源氏編3 志田義広①

「兄上、あれが浅間山でしょうか」 「なんと雄大な」 今の暦で言うと1150年の秋のころ。 立派な馬にまたがった見目麗しい武者が従者を引き連れ、東山道を下っていた。…

義仲館
3週間前

源氏編2 悪源太義平の独白

俺は伝説の男だ。 良く聞け。 名前は鎌倉悪源太源義平。 通称悪源太義平ってのが俺の名だ。 まぁその名も高い河内源氏の嫡流の血筋だ。 悪源太ってのがカッコいいだろ?…

義仲館
1か月前

源氏編 1 源義賢の独白(後編)

今日は久寿二年[一一五五]八月一六日。 私は大蔵館[埼玉県比企郡]にいた。 大抵、大事件が起こった時には、朝から嫌な予感がしたとか、縁起の悪い事があったとか言わ…

義仲館
1か月前

源氏編 1 源義賢の独白(前編)

私には兄が一人いる。 いきなりで済まないがここから話を始めよう。 この兄、頭は悪くは無いし、判断力もある方だ。決断する時には何もかも忘れて迷わず決断するし、武芸…

義仲館
1か月前

義仲戦記53「残照」

「関東勢は既に宇治,勢多二方面より京中へ侵攻。 この上は京への帰還の好機は失われた事となり、逸早く京への御幸は取り止め、平氏一門は福原へ戻られよ、との主君義仲…

義仲館
4か月前
源氏編3 志田義広②

源氏編3 志田義広②

「…!!!…」
「ほほほ…ほんとうだったとは…」
「…はあぁ…帯刀先生(たてわきせんじょう)ってすご…」
「都のよりぬきの…という…」
「…まじで顔採用…」
「あのようなかんばせ、生まれて初めて見ましたわ」
「…とおとい…」

海野の館では都からやってきた客人を迎えるため、近隣の豪族の館から奥方たち、娘たちが集められ宴の準備をしている。
豪名轟く清和源氏の来訪は怖れに似た緊張感を女性たちの間にもた

もっとみる
源氏編3 志田義広①

源氏編3 志田義広①

「兄上、あれが浅間山でしょうか」
「なんと雄大な」

今の暦で言うと1150年の秋のころ。
立派な馬にまたがった見目麗しい武者が従者を引き連れ、東山道を下っていた。
都からの長い旅路。
信濃国浦野駅を抜け、砂原峠を通り依田の庄に差し掛かったところだ。

そこで眼前に大きな山の裾野が遠く青く広がった。

青い空にわずかに噴煙がたなびく。
大きな山の手前には山々が重なり合っている。
澄んだ空気を反射し

もっとみる
源氏編2 悪源太義平の独白

源氏編2 悪源太義平の独白

俺は伝説の男だ。
良く聞け。

名前は鎌倉悪源太源義平。

通称悪源太義平ってのが俺の名だ。

まぁその名も高い河内源氏の嫡流の血筋だ。
悪源太ってのがカッコいいだろ?
な。
これは強過ぎる源氏の長男って意味だ。

まさに俺にピッタリの二つ名[ニックネーム]だろ?
ってか
俺様だけに冠せられた呼び名だ。

ま、源氏っつっても今も昔もいろいろ有名な先祖達がいるが、
俺程、強そうな二つ名を持つ奴はいね

もっとみる
源氏編 1 源義賢の独白(後編)

源氏編 1 源義賢の独白(後編)

今日は久寿二年[一一五五]八月一六日。
私は大蔵館[埼玉県比企郡]にいた。

大抵、大事件が起こった時には、朝から嫌な予感がしたとか、縁起の悪い事があったとか言われるものだが、そんな事は一切無かった。

今日は昨日より良い日になり、明日は今日より良い日になればいいなと何と無く感じられるような長閑な日であった。
普通に朝を迎え、昼を過ごし、夜になろうという頃

「義賢どの!来て下され!義賢どの!」

もっとみる
源氏編 1 源義賢の独白(前編)

源氏編 1 源義賢の独白(前編)

私には兄が一人いる。
いきなりで済まないがここから話を始めよう。

この兄、頭は悪くは無いし、判断力もある方だ。決断する時には何もかも忘れて迷わず決断するし、武芸[弓や乗馬]もそこそこ熟す。

要は武将としては出来が悪く無い者だという事だ。
ただ、何故か父親に反発している。

紹介が遅れた、私の父の名は為義。
兄の名は義朝という。
そして私は源義賢。
私の一家は河内源氏。鎮守府将軍を何人も出してい

もっとみる
義仲戦記53「残照」

義仲戦記53「残照」

「関東勢は既に宇治,勢多二方面より京中へ侵攻。
この上は京への帰還の好機は失われた事となり、逸早く京への御幸は取り止め、平氏一門は福原へ戻られよ、との主君義仲の言葉に御座います」

義仲勢の武将落合兼行が冷静に告げると、平氏方の御幸の行列より先行していた越前三位通盛と皇后宮亮経正の両将は絶句したまま馬上で固まっている。

義仲の命を受けた落合兼行は、京を出ると淀川沿いに南下し、摂津に入って富田[

もっとみる