義仲館

長野県木曽町日義地区にある「木曽義仲」の顕彰施設です。リニューアルオープンは2021年7月4日! 義仲館の展示作品の背景にある「歴史」「伝承」「文学」をやさしい文章で紹介します。 収録伝承600以上。地図と共に掲載しています。

義仲館

長野県木曽町日義地区にある「木曽義仲」の顕彰施設です。リニューアルオープンは2021年7月4日! 義仲館の展示作品の背景にある「歴史」「伝承」「文学」をやさしい文章で紹介します。 収録伝承600以上。地図と共に掲載しています。

マガジン

  • 外伝・義仲戦記

    義仲館オリジナルストーリー「義仲戦記」の外伝です。義仲の時系列では語り切れなかった周辺人物にスポットを当てたミニストーリーです。 2022年8月14日より、毎週日曜深夜に更新予定。

  • 義仲館noteについて

    義仲館noteのあらまし、使い方などが集まっているマガジンです。まずは「はじめに」をお読みいただき、全体像を知っていただくのをおすすめします。

  • その時 木曽殿の動きは

    義仲陣営がどのような歴史背景で挙兵に至り、最期を迎えたのか順番に読んでいくことでわかります。 2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の展開に合わせて、「その時 木曽殿はどうしていたのか?」を解説しました。

  • 義仲ものがたり

    大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の進度に合わせて公開していく、義仲館オリジナル義仲ストーリー。600か所以上に及ぶ伝承地をふまえた独自の展開をお楽しみください。 〇合戦を中心に語る「義仲戦記」…合戦ごと読めます。2022年5月19日完結 〇義仲にまつわる歴史上の人物を扱う「義仲戦記」番外編…8月14日連載開始予定 〇読み口が軽い「信濃源氏長瀬義員が見た木曽義仲」…連続物(再連載待機中) の三種類を用意しています。

  • 義仲戦記

    第1期(本編) 2022年3月27日より、毎日20:30に更新!5月19日に完結しました。 第2期(外伝) 2022年8月14日より週刊ペースで連載予定です。 源平盛衰記と玉葉をベースに義仲の戦をストーリー仕立てで紹介! 巴・今井兼平はもちろん、あなたのご近所の地名を冠した地方武士も登場するかも!? ※タイトルに年/月を入れていますが、歴史に詳しくない方のために、年は西暦年表示にしています。(月は和暦です。)

ウィジェット

記事一覧

行家ものがたり⁉② 1181年3月

(遂に時代の主人公であるワシが出陣する時が来たようじゃ!) 彼は盛り上がっているのを通り越して、一人でイっちゃっている。 まぁ無理も無い。 彼にとってはおよそ二十…

義仲館
6か月前

義仲戦記6「頼朝信濃侵攻」1183年3月

↑ テーマソング「夜明けの将軍」 「それはいけません!義仲様」 一歩も退かない気持ちで今井四郎兼平が言った。 「兼平の申す通りです。殿。 これは我らにとって好機…

義仲館
6か月前

義仲戦記5「燧ケ城築城」1181年X月

「稲津どのーーーっ!」 呼ばれて顔を上げた稲津新介実澄[越前の中心的存在の武将]は、川の下流の方から馬を駆けさせて来る武将に向かい、手を挙げて応えた。 「藤島ど…

義仲館
6か月前

義仲戦記4「越前武士の苦悩」1181年9月

(私はどうしたら良いんだ。このままで良いのか?  いや・・・しかし・・・)  彼は思い悩んでいた。しかしいつまでも悩んでいる訳にもいかない。 ここはもうすぐ戦場に…

義仲館
6か月前

義仲戦記3「北陸へ…」1181年6月

 何度でも言う。勝った。と言うか大勝利であった。 しかもこの合戦での勝利は、ただ単に戦さに勝った、という事実以上の意味があったのである。  この横田河原の合戦での…

義仲館
6か月前

義仲ものがたり #11

注・「義仲戦記2横田河原合戦」は「義仲ものがたり11」の後のエピソードになりますが、義仲戦記シリーズは、独立して読めるように作成しています。 ~ 信濃源氏・長瀬…

義仲館
6か月前

行家ものがたり⁉② 1181年3月

(遂に時代の主人公であるワシが出陣する時が来たようじゃ!)

彼は盛り上がっているのを通り越して、一人でイっちゃっている。
まぁ無理も無い。
彼にとってはおよそ二十一年ぶりの出陣なのであった。

彼はこの一年、とても忙しく活動していた。それまでの約二十年間、ほとんど何もしていなかったのと対象的に。だが、この一年忙しかったのは別に彼だけでは無かった。

■ 「義仲戦記」「義仲ものがたり」とは独立で読

もっとみる
義仲戦記6「頼朝信濃侵攻」1183年3月

義仲戦記6「頼朝信濃侵攻」1183年3月

↑ テーマソング「夜明けの将軍」

「それはいけません!義仲様」

一歩も退かない気持ちで今井四郎兼平が言った。

「兼平の申す通りです。殿。
これは我らにとって好機なのです。頼朝とはいつか必ず雌雄を決する時が来たでしょう。それが少し早まっただけの事です。迷う事はありません」

大夫坊覚明も強い口調で言う。

「第一、義仲様は敵の頼朝勢を信濃[長野県]の奥深くに誘い込む為に、ここ熊坂山[長野、新潟

もっとみる
義仲戦記5「燧ケ城築城」1181年X月

義仲戦記5「燧ケ城築城」1181年X月

「稲津どのーーーっ!」

呼ばれて顔を上げた稲津新介実澄[越前の中心的存在の武将]は、川の下流の方から馬を駆けさせて来る武将に向かい、手を挙げて応えた。

「藤島どの!下流の堰の方はどうでしたか?」

「大丈夫だ!順調に水が溜まっている!」

藤島右衛門尉助延[越前の武将]は新介の横に馬を付けながら笑顔で答えた。

「完成したのですね!」
新介も笑顔で言うと、

「そうだ!遂に出来たんだ!我らの城

もっとみる
義仲戦記4「越前武士の苦悩」1181年9月

義仲戦記4「越前武士の苦悩」1181年9月

(私はどうしたら良いんだ。このままで良いのか?
 いや・・・しかし・・・)

 彼は思い悩んでいた。しかしいつまでも悩んでいる訳にもいかない。
ここはもうすぐ戦場になるのである。
しかも既に出陣し、状況は進行しているからだ。
焦っていた。
だが彼は踏ん切りがつかない。まだ決められない。それは重大な事だから。

 彼はそんな様子を外に見せる程、愚かではなかったが、そんな彼の思い惑う心の内を見抜いてい

もっとみる
義仲戦記3「北陸へ…」1181年6月

義仲戦記3「北陸へ…」1181年6月

 何度でも言う。勝った。と言うか大勝利であった。
しかもこの合戦での勝利は、ただ単に戦さに勝った、という事実以上の意味があったのである。
 この横田河原の合戦での義仲勢大勝利、という現実のインパクトは日本全体を揺るがした。特に北陸諸国、越後[新潟県]はもとより、越中[富山県]、能登[石川県]、加賀[石川県]、越前[福井県]の五カ国において、その影響は甚大であった。

 それまでこの国[日本]での、

もっとみる

義仲ものがたり #11

注・「義仲戦記2横田河原合戦」は「義仲ものがたり11」の後のエピソードになりますが、義仲戦記シリーズは、独立して読めるように作成しています。

~ 信濃源氏・長瀬義員が見た義仲 ~

「どなたか…!
どなたかわかりませんが、お助けいただきありがとうござ…ああっ!?」

義仲様を見て号泣している妙齢のご婦人を見て、俺も巴殿も、みんなわけがわからずあっけに取られていた。
そこに俺たちと同じぐらいの年の

もっとみる