義仲館

長野県木曽町日義地区にある「木曽義仲」の顕彰施設です。リニューアルオープンは2021年7月4日! 義仲館の展示作品の背景にある「歴史」「伝承」「文学」をやさしい文章で紹介します。 収録伝承600以上。地図と共に掲載しています。

義仲館

長野県木曽町日義地区にある「木曽義仲」の顕彰施設です。リニューアルオープンは2021年7月4日! 義仲館の展示作品の背景にある「歴史」「伝承」「文学」をやさしい文章で紹介します。 収録伝承600以上。地図と共に掲載しています。

マガジン

  • 外伝・義仲戦記

    義仲館オリジナルストーリー「義仲戦記」の外伝です。義仲の時系列では語り切れなかった周辺人物にスポットを当てたミニストーリーです。 2022年8月14日より、毎週日曜深夜に更新予定。

  • 義仲館noteについて

    義仲館noteのあらまし、使い方などが集まっているマガジンです。まずは「はじめに」をお読みいただき、全体像を知っていただくのをおすすめします。

  • その時 木曽殿の動きは

    義仲陣営がどのような歴史背景で挙兵に至り、最期を迎えたのか順番に読んでいくことでわかります。 2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の展開に合わせて、「その時 木曽殿はどうしていたのか?」を解説しました。

  • 義仲ものがたり

    大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の進度に合わせて公開していく、義仲館オリジナル義仲ストーリー。600か所以上に及ぶ伝承地をふまえた独自の展開をお楽しみください。 〇合戦を中心に語る「義仲戦記」…合戦ごと読めます。2022年5月19日完結 〇義仲にまつわる歴史上の人物を扱う「義仲戦記」番外編…8月14日連載開始予定 〇読み口が軽い「信濃源氏長瀬義員が見た木曽義仲」…連続物(再連載待機中) の三種類を用意しています。

  • 義仲戦記

    第1期(本編) 2022年3月27日より、毎日20:30に更新!5月19日に完結しました。 第2期(外伝) 2022年8月14日より週刊ペースで連載予定です。 源平盛衰記と玉葉をベースに義仲の戦をストーリー仕立てで紹介! 巴・今井兼平はもちろん、あなたのご近所の地名を冠した地方武士も登場するかも!? ※タイトルに年/月を入れていますが、歴史に詳しくない方のために、年は西暦年表示にしています。(月は和暦です。)

ウィジェット

記事一覧

義仲戦記53「残照」

「関東勢は既に宇治,勢多二方面より京中へ侵攻。 この上は京への帰還の好機は失われた事となり、逸早く京への御幸は取り止め、平氏一門は福原へ戻られよ、との主君義仲…

義仲館
4か月前

義仲戦記52「約束の場所」

五騎の一角が崩れた。 先頭を駆けていた家包の馬に矢が命中し、乗っていた家包もろとも馬が横様に倒れたのである。 「私に構わず行って下さい!」 家包はよろけながらも…

義仲館
4か月前

義仲戦記51「運命の日 急」

状況は最悪であった。 出陣した義仲勢第七軍二〇〇騎は六条をそのまま東に進み、六条河原に出たところで全軍を一旦停止させて周囲を見渡すと、既に七条、八条の…

義仲館
4か月前

義仲戦記50「運命の日 破」

“一月十八日。 行家討伐軍。 河内長野石川城を陥落させ石川判官代蔵人家光を討ち取る。 が、新宮行家の逃亡を宥し、現在、紀伊國名草へ向け追撃中。軍勢一〇〇〇騎は無事…

義仲館
4か月前

義仲戦記49「運命の日・序」

対岸に立ち昇る煙りは徐々にその勢いを増し、次々に隣り合う家々にその炎による災いが燃え拡がって行く。 義仲勢宇治方面軍搦手総大将根井小弥太行忠は茫然と見…

義仲館
4か月前

義仲戦記48「迫りくる厄災②」

「敵の城門が開かれました!おそらく撃って出て来るものと思われます!」 「籠城する利を自ら捨てるとは・・・何を考えているのか、奴らは・・・」 家人の報告に呆れた様…

義仲館
4か月前
義仲戦記53「残照」

義仲戦記53「残照」

「関東勢は既に宇治,勢多二方面より京中へ侵攻。
この上は京への帰還の好機は失われた事となり、逸早く京への御幸は取り止め、平氏一門は福原へ戻られよ、との主君義仲の言葉に御座います」

義仲勢の武将落合兼行が冷静に告げると、平氏方の御幸の行列より先行していた越前三位通盛と皇后宮亮経正の両将は絶句したまま馬上で固まっている。

義仲の命を受けた落合兼行は、京を出ると淀川沿いに南下し、摂津に入って富田[

もっとみる
義仲戦記52「約束の場所」

義仲戦記52「約束の場所」

五騎の一角が崩れた。

先頭を駆けていた家包の馬に矢が命中し、乗っていた家包もろとも馬が横様に倒れたのである。

「私に構わず行って下さい!」

家包はよろけながらも直ぐに立ち上がると、駆け続けている四騎に叫んだ。
義仲・兼平・巴・光盛は、家包に目礼を送り返答とした。

と、
「私は上野の多胡次郎家包!私を討ち取り手柄にするが良い!」

家包は叫びつつ太刀を振り翳して敵に斬り掛かって行った。

もっとみる
義仲戦記51「運命の日 急」

義仲戦記51「運命の日 急」

状況は最悪であった。

出陣した義仲勢第七軍二〇〇騎は六条をそのまま東に進み、六条河原に出たところで全軍を一旦停止させて周囲を見渡すと、既に七条、八条の河原や法住寺、柳原の辺りには白い旗が幾条も天に翻っていたのである。

白い旗は源氏を示す旗であるが、同じく白い旗を用いている義仲勢にとって、これは味方を表す色では無く、敵の存在を現す不吉な色となっていた。

「来た」

戦う美少女巴御前が

もっとみる
義仲戦記50「運命の日 破」

義仲戦記50「運命の日 破」

“一月十八日。

行家討伐軍。
河内長野石川城を陥落させ石川判官代蔵人家光を討ち取る。
が、新宮行家の逃亡を宥し、現在、紀伊國名草へ向け追撃中。軍勢一〇〇〇騎は無事。”

“本日二十日。

宇治方面軍壊滅。
第二軍大将長瀬判官代義員・第三軍大将楯親忠・第四軍大将及び搦手総大将根井小弥太行忠討死。

関東勢搦手二万五〇〇〇騎は宇治川を渡河し現在、京に向け北進中。既に木幡・伏見まで侵攻。”

“本日二

もっとみる
義仲戦記49「運命の日・序」

義仲戦記49「運命の日・序」

対岸に立ち昇る煙りは徐々にその勢いを増し、次々に隣り合う家々にその炎による災いが燃え拡がって行く。
義仲勢宇治方面軍搦手総大将根井小弥太行忠は茫然と見上げている。

「ココまでヤんのか・・・関東勢の大将軍は・・・」

知らず知らずのうちに呟いていた。
ふと焔が燃え移っていた家屋の中から全身炎に包まれた人が転げ出て来た。
それも続々と。

驚愕に見開かれていた眼を更に凝らし、対岸を注意深く

もっとみる
義仲戦記48「迫りくる厄災②」

義仲戦記48「迫りくる厄災②」

「敵の城門が開かれました!おそらく撃って出て来るものと思われます!」

「籠城する利を自ら捨てるとは・・・何を考えているのか、奴らは・・・」

家人の報告に呆れた様に呟く本三位中将平重衡は、能登守教経に眼をやると、教経はニヤリと口元を歪めて答える。

「自棄になった訳でも無かろうよ。重衡どのの援軍が到着した事で、更なる援軍が来る前に一暴れした後でここを引き退くつもりであろう」

「しかし忠度どのの

もっとみる