市原の戦い
見出し画像

市原の戦い

〇治承4(1180)年9月
〇長野県長野市若里(市村郷)
 笠原頼直(信濃平氏)   
  対
 栗田・村山(善光寺武士団)+義仲

〇戦のあらまし 

善光寺平をめぐる合戦。栗田・村山の救援 に義仲が駆けつけ勝利した。
 

〇戦の詳しい展開(吾妻鏡による)   
①笠原頼直が中野市から長野市へ攻め入る。
②善光寺とかかわりが深い栗田・村山が立ち向かった。合戦の途中で日が暮れ、村山氏の矢も尽きてしまった。
③村山氏は義仲の陣へ飛脚を送り、義仲が大軍勢を率いて駆けつけ勝利した。
④笠原は越後平氏城氏の元へ身を寄せた。


〇伝承地

麻績村に残る伝承




〇参戦武士





■参考文献

吾妻鏡…治承四年九月七日

★「吾妻鏡」だけに書き残されている。「平家物語」では義仲が過去を振り返るセリフで「麻績会田の戦い」があり、市原の合戦のことではないか?と想定されている。長野県麻績村には義仲の合戦にまつわる伝承が多く残っている。


長野県木曽町日義地区にある「木曽義仲」の顕彰施設です。リニューアルオープンは2021年7月4日! 義仲館の展示作品の背景にある「歴史」「伝承」「文学」をやさしい文章で紹介します。 収録伝承600以上。地図と共に掲載しています。