大蔵館の戦い
見出し画像

大蔵館の戦い

〇久寿二(1155)年 8月16日

〇埼玉県嵐山町 大蔵館

〇 源義賢(義仲の父)・秩父重隆(義仲の祖父か?)
   対
  源義平(義仲のいとこ・源頼朝の兄)

〇 都で活躍していた義仲の父・源義賢は、家臣のトラブルに巻き込まれて職を失った。義賢の兄弟は全国各地に領地を持って暮らしていたため、義賢も武蔵国で大武士団を形成しつつあった秩父氏と結び、武蔵国北部(埼玉県)~上野国西部に移住した。ところが、相模国(神奈川県)~武蔵国南部(東京都)に勢力を持つ源義朝が、弟の義賢に対しライバル心を燃やし、息子の源義平に命じて義賢を襲わせた。

義仲の母・小枝御前は尊卑文脈には遊女とあるが、状況から推察すると秩父氏の娘だったのではないかと思われる。秩父氏と義賢がまだ2歳の義仲と小枝御前と共に館にいたところを襲われている。

義賢と秩父氏は討死、小枝御前は義仲と共に館から逃げ出した。


長野県木曽町日義地区にある「木曽義仲」の顕彰施設です。リニューアルオープンは2021年7月4日! 義仲館の展示作品の背景にある「歴史」「伝承」「文学」をやさしい文章で紹介します。 収録伝承600以上。地図と共に掲載しています。